入学料免除

NEW!

【Webエントリー】
大学院内部進学者は、平成30年度より、下記URLで申請内容を登録してください。
Webエントリーを済ませてから、申請書類を提出してください。

(締切日までに書類の提出のない場合は、受け付けませんのでご注意ください)
https://www.bureau.tohoku.ac.jp/jyoho/gyomu/menzyo/j/index.html

【ご確認ください】
申請者全員が提出する必要がある「所得証明書」は、
住民税非課税・課税の内訳が記載されているものを提出してください。
自治体によっては「所得証明書」に非課税・課税の表記がされないものがありますが、
その場合は「所得証明書」に併せて「課税(非課税)証明書」を提出してください。

【重要!!】不足書類の提出について
◎再提出期限を過ぎても提出のない書類に対して、経済支援係からは督促の連絡は行いません。
◎再提出期限までに連絡もなく不備書類を提出しなかった申請者については、
書類不備として扱い、免除選考から外します。
詳しくはこちら

参考

1. 入学料の免除

下記の理由で入学料を納付することが困難であると認められる方については、
願い出により選考の上、入学料の全額又は半額の免除が許可される制度があります。

(1)学部入学者

  1. 入学前1年以内に、次のような理由で入学料を納付することが著しく困難であると認められる場合。
    学資負担者(入学者本人の学資を主として負担している者)が死亡した場合。
    入学者本人又は学資負担者が風水害等の災害を受けた場合。
  2. 上記aに準ずる場合であって、相当と認められる理由がある場合。

(2)大学院入学者

  1. 入学者本人が経済的理由により入学料を納付することが困難であると認められ、
    かつ、学業が優秀であると認められる場合。
  2. 入学前1年以内に、次のような理由で入学料を納付することが著しく困難であると認められる場合。
    学資負担者(入学者本人の学資を主として負担している者)が死亡した場合。
    入学者本人又は学資負担者が風水害等の災害を受けた場合。
  3. 上記bに準ずる場合であって、相当と認められる理由がある場合。
ページトップに戻る

2. 入学料の徴収猶予

経済的理由により入学料をその納付期限までに納付することが困難であると認められ、
かつ、学業が優秀であると認められる者、その他やむを得ない事情があると認められる者は、
願い出により徴収猶予が許可される制度があります。


各種手続きのお知らせ

担当:学生支援課経済支援係(窓口開設時間 8:30~17:00)
場所:川内北キャンパス教育・学生総合支援センター1階④番窓口
電話:022-795-7816/4682(受付時間 8:30~17:00)

入学料及び授業料等納付額・方法については、こちらをご覧ください。

平成30年度入学料免除について(10月入学者)

入学料の免除を希望する場合は、下記により、申請書類を提出してください。

※学部学生の入学料免除は、特別な事情がある場合に限りますので、
申請前に学生支援課経済支援係へ電話(022-795-7816/4682)し、
申請資格があるかどうかを確認してください。

※入学料免除申請をする方は、入学手続き時に入学料は納付せず、
入学手続き書類にて免除申請をする旨を申告してください。
(入学料を納付した場合は入学料免除を申請することができません。)

願書入手方法:

  1. (1)学生支援課経済支援係の窓口で直接請求(受領)する。
  2. (2)郵送で請求する。
    住所・氏名を記入し、250円分の切手を貼った角型2号の返信用封筒(A4サイズの大きさ)を同封し、
    次のあて先に請求してください。
    (入学料・授業料免除の願書を一緒に請求する場合は、返信用封筒に380円分の切手を
    貼付してください。)

    〒980-8576 仙台市青葉区川内41
    東北大学教育・学生支援部学生支援課経済支援係

    ※なお、送付する封筒の表には、朱書きで「入学料免除願書郵送希望」と記入してください。

  3. (3)ホームページからダウンロードして、各自印刷する。
    ダウンロードはこちらから→平成30年度入学料免除申請書類(入学料免除申請について、申請書等)

申請受付期間:

受付期間の最終日が締切日です。

学部学生・大学院学生とも:
平成30年8月23日(木)~平成30年9月26日(水) 厳守

※土・日・祝日は受付けません。

申請受付場所:

学生支援課経済支援係 川内北キャンパス教育・学生総合支援センター1階④番窓口

結果通知:

免除の結果は、学務情報システムにより、4月入学者は7月中旬、10月入学者は12月中旬に通知予定です。
また、免除結果が半額免除、不許可になった場合は、入学料振込依頼書を別途郵送しますので、7月下旬(4月入学者)、
12月下旬(10月入学者)までに結果通知が届かない場合は、学生支援課経済支援係(022-795-7816)に
連絡してください。

注意事項:

【重要】不足書類の提出について
◎再提出期限を過ぎた書類に対する、督促の連絡は行いません。
◎再提出期限までに連絡もなく不備書類を提出しなかった申請者は、免除選考から外します。 詳しくはこちら

【Webエントリー】
大学院内部進学者は、下記URLで申請内容を登録してください。

(締切日までに書類の提出のない場合は、受け付けませんのでご注意ください)
https://www.bureau.tohoku.ac.jp/jyoho/gyomu/menzyo/j/index.html

※申請書類は必ず申請者本人が窓口に持参し提出してください。

※原則として、代理人による提出、郵送での申請は受け付けません。
また、締切日を過ぎての申請はいかなる理由があっても、一切受け付けませんので注意してください。

※入院・長期出張等やむを得ない事情により、申請期間内に申請書類を本人が受付窓口に持参できない場合は、
必ず申請締切日前日までに学生支援課経済支援係(022-795-7816)までお問い合わせください。
申請締切日を過ぎての申し出は受付けません。

よくあるご質問はこちらから → よくあるご質問(FAQ)

ページトップに戻る

免除規程・細則

  1. 東北大学における入学料の免除及び徴収猶予に関する取扱規程
  2. 東北大学における入学料の免除及び徴収猶予に関する取扱細則
ページトップに戻る